未経験からのエンジニア転職における成長できる企業の見分け方【転職失敗しない】

どうも、WEBエンジニアのかずま(@kazuma_engineer)と申します。

未経験から半年間Ruby・Railsを学習をして、ベンチャー企業でWEBエンジニアとして働いています。

自分も一年前まではエンジニアになるために転職活動をしてました。企業を選ぶ基準として自分が大事にしていたポイントの一つがエンジニアとして成長できる環境のある企業でした。

エンジニアになる最初の会社選びなので、その点は大事にしたいという方も多いかなと思います。

ただその企業を探す際に、どのような企業であればエンジニアとして成長していけるのか分からずに自分自身かなり困った経験があります。

今回はエンジニアとして1年経験して色んな方のお話を聞いた中で、こんな企業だったらエンジニアとして成長できるという見分け方を紹介します。

たった1つのエンジニアとして成長できる企業の見分け方

いきなり結論を言ってしまいますと、成長できる企業の見分け方はコードレビュー文化があるかどうかだと思っています。

他にもいくつか気にしたほうが良い点はあるので後ほど紹介します。ただ基準が複数あっても困ってしまうと思うので、とりあえずコードレビューの文化がある企業であれば後に転職に失敗したと思うことはかなり少ないのではないかなと。

エンジニアになったばかりの人にとっての成長できる環境というのを自分なりにもう少し詳しく言語化すると、「たくさん設計や構築、コードを書くなどの経験が詰めてそのフィードバッグが得られる環境」なのかなと考えました。

たくさん経験を積んでそのフィードバッグが得られれば、絶対的に成長出来ますよね。今思えば簡単な話でした。

自分が転職活動をしていたときも大体の企業に関してはコードレビューはあったと思います。

ただ少人数のベンチャー企業だと忙しさによってコードレビューがされなかったりとか受託の会社で担当する案件のよっては実際はコードレビューなかったりする等のケースは聞いてる中ではありました。

実際に求人でコードレビュー文化はあると書いてあっても面談の際にそこは確認した方が良いのかなと思っています。

あとは体感ですが、コードレビューがある企業は下記の項目も満たしていてかつエンジニアを大切にしている会社で働きやすい環境も揃っているように感じます。

その他のエンジニアとして成長できる企業のチェック項目

ざっと下記のような感じです。全て満たしている必要はないと思いますが、モダンな企業であればほとんどが必然的に満たしていると思います。

  • CTOがいる
  • GithubもしくはGitLabでコード管理している
  • テストコードを定常的に書く文化がある
  • 開発環境がコンテナ化(Docker化)されている
  • CI/CDが導入されている
  • インフラでAWS/GCP/Azure等のパブリッククラウドが採用されている
  • 採用プロセスにコーディング課題がある
  • 未経験からエンジニアになった先輩がいる

CTOがいる

なんで必要なのと思う方がいると思いますが、CTOがいない会社はエンジニアの立場が弱いことが結構あります。

例えば社長からいきなり仕事が降りてきて明日までにやらなきゃいけないとか、最初に言われたことと全く違うことを言われて作業がやり直しになったりとかです。なんなら営業の仕事もちょっと手伝ってくれ、みたいな。

なのでなるべくCTOがいる環境の方が仕事はしやすいのかなと思います。

GithubもしくはGitLabでコード管理している

Web系企業のほとんどがこのどちらかを使っています。正直どっちも使っていないというところには行かないほうが良いかと、、、

テストコードを定常的に書く文化がある

これはかなり重要ですね。そもそもテストコードがないとコードレビューも出来ないので、テストコードがない環境に行くのは辞めましょう。。。

開発環境がコンテナ化(Docker化)されている

環境構築の手間が大幅に減り開発環境に差分なく開発できるのがコンテナ化の大きなメリットだと思っているのですが、これをしない理由が自分の中で見つかりません。

自分の周りの自社開発企業で勤めている人に話を聞いても開発環境がコンテナ化されていない所はあまり聞いたことがないですね。

コンテナ化されている企業=成長できる環境というよりは、色んな事が自動化されていないほど余裕がなく疲弊する現場もしくはその選択肢を持たないくらい技術感度がある人がいないもしくは企業として保守的な危険があるという意味で項目として入れました。

CI/CDが導入されている

ここらへんもWeb系企業なら大体導入されているイメージです。

自動でテストからデプロイまでがされる環境というのは、開発に集中できる環境でもあります。

インフラでAWS/GCP/Azure等のパブリッククラウドが採用されている

クラウドはこれからどんどん伸びていくと言われている領域です。Web系の企業は大体AWSかGCPのどちらかが採用されていると思います。

大規模なサービスはオンプレ運用が主な場合もありますが、全くクラウドが採用されていない企業はないと思います。

採用プロセスにコーディング課題がある

これは完全な自分の体感です。

新しい技術をキャッチアップしてメリットがあればそれをサービスに取り入れている自分にとって魅力的だなと思う会社ほど技術課題的なものがありました。

勿論その企業のフェーズによって変わっては来ると思いますが、少なくとも未経験者にもある程度のレベルを求めるというのはそれだけ技術レベルも高く学べることが多い環境ということで成長出来ない企業である可能性は低いかなと思い、項目として入れました。

未経験からエンジニアになった先輩がいる

これは成長できる環境というよりは、入社した後に安心して働ける会社という感じですね。

転職して最初のうちは心理的負荷がかなり高い状態が続きます。ただ、同じように未経験からエンジニアになった事例があると結構安心できるのではと思います。

最後に

転職活動は思っているよりも大変なことが多いと思いますが、ぜひ最初の企業選びは妥協せずに成長できる環境を探せると良いですね。

これからも未経験からエンジニアになる方の助けになるような情報を少しでも発信していけたらと思っています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。良かったらTwiiter(@kazuma_engineer)もフォローしてみてください!

未経験から仕事しながら約半年で自社開発のWEBエンジニアになるまでの道のり 完全未経験から自社開発エンジニアになった僕の転職活動の記録【全てを公開】 未経験からRailsエンジニアとして自社開発企業で半年働いてみての感想